new commer 初めてお越しの方の登録 | ホームページ管理人に
hide
ManminCentralChurch

黙示録講解 | 信仰を測ると | 創世記講解

 
banner
on air
News
magazine
news
news
news
news
news
 
ニュース > ニュース
| 万民ニュース   第 174 号 | HIT 2344 | DATE 2017-04-23
 
コンゴ民主共和国の四都市にて万民国際神学校の講義始まり「十字架のことば」伝える






イエス・キリスト・アフリカ連合聖潔会総会長でありケニア・ナイロビ万民教会の担任チョン・ミョンホ牧師(下の写真中央)がコンゴ民主共和国ベツサイダ教団総会長カブトゥ牧師(同右)の要請で、ゴマをはじめ東部四都市でアフリカ万民国際神学校(MIS) の講義を始めた。

カブトゥ牧師は堂会長イ・ジェロク牧師の信仰書に感動し、2016年6月、チョン・ミョンホ牧師を招いて牧会者セミナーを開催し、傘下の561教会が万民の支・協力教会に加入した。

チョン・ミョンホ牧師は2月18日、ゴマ市で約200人の牧会者が参加した中、イ・ジェロク牧師を通した聖潔の福音と神の力あるわざを伝えた後、「十字架のことば」を中心に講義を進めた(写真1)。19日にはペンテコステ教団総会長ブリゴ牧師が担任する8 eme CEPAC-HERMON教会で主日説教をした(写真2,3)。21日にはブカブ市で300人が、24日にはバラカ市で150人の牧会者が参加して、ゴマと同じ内容で講義をした(写真4,5)。26日にはウビラ市エルシャダイ教会(担任アル・エルベ牧師)で主日説教をし、午後は「主のしもべと指導者セミナー」を導いた。この日、ハンカチの祈り(使徒19:11~12)で、ある男性聖徒の失明した右目が見えるようになり、両目が全く見えなかった子どもが見えるようになるなど、神の力あるわざが現れた。27日には150人が参加した中でウビラ市万民国際神学校の講義が始まった(写真6)。

この他にも、アフリカの万民国際神学校はイ・ジェロク牧師の代表的説教「十字架のことば」をはじめ「信仰の量り」「霊、たましい、肉」等をケニアの主要都市とウガンダの二都市で、チョン・ミョンホ牧師を講師に1年に3,4回講義を開いている。




講師チョン・ミョンホ牧師とカブトゥ牧師(右)、ブリゴ牧師(左)


back

 
ManminCentralChurch
address_ManminCentralChurch